V-nasClair「GEO_Kit」

3D柱状モデリング「GEO_Kit(ジオキット)」は、ボーリング交換用データ(XML)からボーリングモデルや支持層サーフェスモデルを作成する V-nasClair(ヴィーナスクレア) ※1 のアドオン製品です。電子納品されたボーリング交換用データ(XML)をインポートし、緯度・経度から直角座標系上にボーリングモデルを作成します。ボーリングモデルには「N値グラフ」が作図でき、坑口標高や緯度経度等の旗上げ作図も可能です。また「地質断面図」が作成されていればZ軸に立てて配置することや、指定した曲線上に曲面配置することができます。支持層の推定モデルはボーリング交換用データ(XML)のN値から簡単に作成ができます。

※1: V-nasClair は別売です。

製品特長

ボーリング交換用データ(XML)をそのままインポート

ボーリング交換用データ(XML)から柱状モデル作成

電子納品された複数のボーリング交換用データ(XML)を一括インポートし、ボーリングモデルを作成することができます。「N値」の折れ線グラフが作図でき、緯度・経度、坑口標高、総掘進長の旗上げを作図することができます。地層は任意のカラー設定を行うことができます。

ボーリングモデル(配置イメージ)

ボーリングモデル(配置イメージ)

角度付きボーリングモデルも可能

ボーリングモデル(単体)  

ボーリングモデル(単体)

層ごとに任意のカラー、模様設定可能

地質断面図を立てて配置(パネルダイヤグラム)

指定した地質断面図を立てて配置することによりパネルダイヤグラムを作成することが可能です。地質断面図は線形曲線に沿って設置することができます。

地質断面図

2D図面:地質断面図

パネルダイヤグラム

パネルダイヤグラムの作成

支持層の推定モデルを作成

ボーリングモデルのN値から良質層を推定し、支持層モデルを作成します。ボーリングモデルと支持層を作成するための適応基準を選択することで支持層モデルが簡単に作成できます。また、支持層作成の基準既定値を任意に追加することも可能です。作成した支持層モデルは深度や適応基準を変更することが可能なほか、画面上で良質層の位置を確認しながら支持層の位置を調整することができます。

支持層モデルの作成

支持層の推定モデルの作成

適応基準

適応基準

  • 東北地方整備局 設計施工マニュアル 道路橋編
  • 日本道路協会 道路橋示方書・同解説 IV下部構造編
  • 日本道路協会 道路土工 擁壁工指針
  • 東日本高速道路株式会社, 中日本高速道路株式会社, 西日本高速道路株式会社・設計要領第二集 橋梁建設編

参考文献

価 格(税込)

  • ●リーズナブルなサブスクリプション
    アクティベーション版¥66,000/年
    ねっとさーばCloud版¥132,000/年
  • 動作には同じバージョンの V-nasClair(ヴィーナスクレア)が必要です。

動作環境

OS
Microsoft Windows 8.1、10 64bit推奨
※Windows動作保証の最新情報は こちら ≫
CPU
OSのシステム要件を満たし、問題なく動作する環境
メモリ
OSのシステム要件を満たし、問題なく動作する環境
記憶装置
10GB以上の空き容量 SSDを推奨
ディスプレイ
1280×1024以上が表示可能なもの
その他

お問合せ

資料請求・購入前のお問合せ

お気軽に、お近くの営業所までご連絡下さい。

製品購入後のお問合せ(サポート)

製品サポートに関しての詳細はこちらの表からご確認ください。

関連製品・サービス

基準適合チェックツール『CADチェッカー』

「V-nas」シリーズと『CADチェッカー』が連携することによって、図面の自動修正が可能になります。
CADチェッカーの詳細はこちら ≫

その他V-nasClairシリーズ

V-nasシリーズラインナップはこちら ≫
  • 必要メモリ・ハードディスク容量はシステム環境によって異なる場合がありますのでご注意下さい。
  • 表示している料金には、消費税が含まれておりません。
  • 本ページに記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
  • 本ページに記載の仕様は、改良のため予告なく変更することがあります。