制震化対策

耐震補強設計

特殊橋梁(トラス橋、アーチ橋)の耐震補強設計業務をお受けしております。特殊橋梁の耐震補強では耐震化・免震化・制震化の中から、その構造に最適な対策工法を選定する必要があります。弊社では現況の構造特性を活かし,大規模地震に対して十分な耐震性を満足するよう、主として制震化対策を選定しています。また、耐震補強設計業務の範囲は、構造解析のみならず、設置するデバイス等の部材配置検討や・補強図面作成といった前後処理までを対象としています。更にはインフラ大更新時代へ向け、耐震補強設計で培った経験を基に、維持管理に配慮した新設橋梁設計へのフィードバック活動を実施しています。

結果サンプル [PDF:320KB]