V-nasClair「Basic Suite」

Basic Suite(ベーシックスイート)は LAND_Kit(ランドキット)LINER_Kit(ライナーキット)VC_Kit(ブイシーキット)の3製品がご利用いただけるスイート製品です。
2次元の白地図CADデータを3次元化する V-nasClair(ヴィーナスクレア)※1のアドオン製品です。

※1: V-nasClairは別売です。

Basic Suite (ベーシックスイート)紹介動画

動画配信サービスKTS Clips 無料版 では、更に詳細なデモ動画がご覧いただけます。
※動画の再生がうまくできない場合はブラウザを変えてお試しください。


LAND_Kit(ランドキット)[3D地形モデリング]

LAND_Kitでは等高線や道路線、あるいは構造物等に標高(Z値)を与えることで簡単に3次元地形データにすることができます。作成した地形データからは自動的にTINモデルが生成できますので、そのまま3次元地形モデルデータとして利用できます。また、国土地理院の数値地図データをインポートしてそのまま3次元地形モデルに変換して利用することも可能です。作成された3次元地形モデルデータはLINER_Kit ※1 や、ROAD_Kit ※2 等で必要となる現況地形モデルデータとして活用できます。

※1: V-BRIDGEV-CROSSV-FIELD道路工事完成図版V-LINERV-PLANNERV-ROADV-ROAD/Mで作図した中心線からも現況縦横断地形の取得が可能です。

※2: ROAD_Kit は別売です。

製品特長

3次元地形図を簡単に作成、モデル化!

標高値の入力機能

2次元地形図に対して標高値を付加できます。等高線(自動・指定)、路線(現況道路・河川・水路)、構造物(宅地・田畑・建物・擁壁・崖地など)の標高入力ができます。付加した標高を断面表示することも可能です。

地形図

2次元地形図に対し標高を付加

標高入力コマンドダイアログ

擁壁の標高入力

擁壁の標高入力画面

水路の標高入力

水路の標高入力画面

建物の標高入力

建物の標高入力画面

3次元地形図から地形モデルを作成した例

地形モデル化例1

地形表示

地形モデル化例2

ポリゴン表示

地形モデル化例3

モデル表示

現況地形の取得機能

LINER_Kit 他 で作成した中心線と3次元地形図から、中心線上の現況縦横断地形を取得することができます。また、地形・計画の斜断面形状・断面線などの任意要素上の地形の取得。取得した断面を図面上にコピー&ペーストすることも可能です。

中心線を設定

LINER_Kit で中心線を設定 →

縦断地形・横断地形を自動取得

LAND_Kit で中心線から縦横断地形を自動取得

道路中心線の縦横断地形の表示

LINER_Kit 他で作成した中心線と3次元地形図から、中心線上の現況縦横断地形を取得することができます。

横断地形の表示

横断面の地形を表示

縦断地形の表示

縦断面の地形を表示

断面線標高の表示

断面線標高の表示

標高チェック

図面上でZ座標値の表示や、断面形状と断面標高の表示が可能です。標高のチェックも簡単に行えます。

Z座標値表示

Z座標値の表示

断面形状/標高表示

簡単に標高チェックが可能

KMLデータへ エクスポート

KML(Google Earth *1 に取り込み可能なモデルデータ) 形式で出力し、Google Earth *1 上で表示させることが可能です。

KMLデータ

KMLデータの出力

*1: Google および Google Earthは、Google Inc.の商標または商標登録です。

国土地理院のメッシュデータの インポート

国土基盤地図情報(国土地理院)メッシュデータの入力が可能です。Shapeファイル(GISで主に利用)入出力にも対応しております。

メッシュデータ

国土地理院のメッシュデータの入力 *2

*2: この地図は、国土地理院の数値地図10mメッシュ(火山標高)阿蘇山を使用したものです。



LINER_Kit(ライナーキット)[3D道路線形計画]

LINER_Kit(3D道路線形計画)は、縦断計画、横断勾配、拡幅、路面構成の入力により、橋梁上部工の線形計算が行えるほか、幅員線の3D表示や路面モデル、土工モデルの作成ができます。そのほか、線形計算書の出力、延長調書の出力など、平面図の作図や道路中心線の計画検討には欠かせないシステムです。

交差点設計 for V-nasClair ※1 を利用すると、簡単な操作で道路中心線の交差位置に交差点平面図を作成できます。

※1: 交差点設計 for V-nasClair は別売です。

製品特長

道路中心線、幅員線を簡単に作成

中心線・幅員線の入力機能

道路中心線はIP法・要素法・片押し法での作図が可能で、幅員線は平行拡幅・直線拡幅・一次拡幅・高次拡幅での作図が可能です。またピッチを指定して中心線形上に複数の断面線の一括作図も可能です。

平面図

様々な線形入力機能で作図可能

線形入力コマンドダイアログ

IP入力

IP入力画面

要素入力

要素入力画面

片押し入力

片押し入力画面

道路情報入力機能

縦断線形、横断勾配、幅員・拡幅、路面構成などの情報入力により幅員線の3D表示や路面モデルの作成が可能です。

3D線形表示

3D線形表示

路面モデル表示

路面モデル表示

道路情報入力コマンドダイアログ

横断勾配情報入力

横断勾配情報入力画面

路面構成情報1

路面構成情報入力画面

路面構成情報2

幅員・拡幅情報入力画面

平面図作図機能

主要点引き出し線や測点などの自動作図、構造物旗上げなど豊富な平面図自動作図機能を搭載しています。

平面図

豊富な平面図作図機能を搭載

測点作図設定

測点作図設定

構造物旗上げ作図設定

構造物旗上げ作図設定

縦断変移点作図設定

縦断変移点作図設定

計算書出力機能

線形情報から各種線形計算書や構造物の延長調書等を自動作成します。

計算書出力設定

計算書出力設定

出力例

主要点座標一覧表

出力可能な計算書

出力可能な計算書

LandXML入出力に対応

「LandXML1.2に準じた3次元設計データ交換標準(案) Ver.1.3」入出力に対応しています(道路中心線のみ)。

インポート

LandXMLデータ インポート

エクスポート

LandXMLデータ エクスポート

法面スイープコマンドで土工モデル作成

法面スイープコマンドを利用して、土工モデルの作成をアシストします。

法面スイープ使用例

法面スイープコマンド

法面スイープ使用例

土工モデルを作成

交差点平面図作成

交差点設計 for V-nasClair」(別売)を利用すると、LINER_Kit で作成した線形の交差位置を指定することで、その交差位置の交差点平面図を作成します。

交差点平面図

交差点平面図



VC_Kit(ブイシーキット)[縦横断図作図]

VC_Kitは、道路設計向け縦横断図をスピーディかつ簡単に作図することができる、V-nasシリーズのオプションソフトです。道路設計以外にも橋梁一般図や河川横断図での利用など、用途は様々。V-nasシリーズの強力な図化ツールとしてお客様の業務をサポートいたします 。
詳細はこちらへ >>



価 格(税込)

  • ●リーズナブルなサブスクリプション
    アクティベーション版¥66,000/年
    ねっとさーばCloud版¥132,000/年
  • 上記は Basic Suiteの価格です。
      Basic Suite は各Kitを複数人で分割使用することはできません。)
  • 動作には同じバージョンの V-nasClair が必要です。

動作環境

OS
Microsoft Windows 10、8.1 64bit
※Windows動作保証の最新情報は こちら ≫
CPU
OSのシステム要件を満たし、問題なく動作する環境
メモリ
OSのシステム要件を満たし、問題なく動作する環境
記憶装置
10GB以上の空き容量 SSDを推奨
ディスプレイ
1280×1024以上が表示可能なもの
その他
64bit版のみ対応

お問合せ

資料請求・購入前のお問合せ

お気軽に、お近くの営業所までご連絡下さい。

製品購入後のお問合せ(サポート)

製品サポートに関しての詳細はこちらの表からご確認ください。

関連製品・サービス

基準適合チェックツール『CADチェッカー』

「V-nas」シリーズと『CADチェッカー』が連携することによって、図面の自動修正が可能になります。
CADチェッカーの詳細はこちら ≫

その他V-nasClairシリーズ

V-nasシリーズラインナップはこちら ≫
  • 必要メモリ等はシステム環境によって異なる場合がありますのでご注意下さい。
  • 表示している料金は、消費税を含めた総額表記です。
  • 本ページに記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
  • 本ページに記載の仕様は、改良のため予告なく変更することがあります。