橋梁上下部工

橋梁上下部工ラインナップ

 

橋梁上下部工「SUCCES」シリーズ

※ 全て1年間の利用料金(税込)です。
年間レンタル価格 概 要
下部工(H29)Club
¥165,000-/年
「道路橋示方書・同解説(平成29年11月)に準拠した橋梁下部工の設計計算を行う下記6製品+「S-ViewWordコンバータ」を、セット価格で1年間ご利用頂ける「下部工(H29)Club」をご用意しております。
製品構成:『設計水平震度の算出(H29)』『橋台の設計計算(H29)』『橋脚の設計計算(H29)』『液状化の判定(H29)』『杭基礎の保有耐力照査(H29)』『フーチングの耐力照査(H29)
下部工(H29)Club
設計水平震度の算出(H29)
¥110,000-/年
「道路橋示方書・同解説」(平成29年11月)に準拠し、下部構造の設計水平震度を算出します。1基下部構造や複数の下部構造からなる設計振動単位も自動的に判断し、設計振動単位ごとの固有周期、および下部構造の設計水平震度、慣性力を算出します。
下部工(H29)Club
橋台の設計計算(H29)
¥110,000-/年
「道路橋示方書・同解説」(平成29年11月)に準拠し、逆T式、重力式および半重力式橋台の設計計算を行います。安定計算(直接基礎、杭基礎)からパラペットの断面計算、橋座の耐力照査、たて壁の断面計算、フーチングの断面計算、杭本体の断面計算、杭とフーチング結合部の計算、ウイングの断面計算まで、一貫した設計が可能です。
下部工(H29)Club
橋脚の設計計算(H29)
¥110,000-/年
道路橋示方書・同解説(平成29年11月)に準拠し、T型橋脚(単柱式の鉄筋コンクリート橋脚)について耐荷性能及び耐久性能の照査を行います。 安定計算(直接基礎、杭基礎)から、はりの断面計算(レベル2照査を含む)、橋座の耐力照査、柱の断面計算(レベル2を含む)、フーチングの断面計算、杭本体の断面計算、杭とフーチング接合部の計算まで一貫した設計を行うことが可能です。
下部工(H29)Club
液状化の判定(H29)
¥110,000-/年
「道路橋示方書・同解説」(平成29年11月)に準拠し、「地震時に不安定となる地盤の影響」における、「耐震設計上ごく軟弱な土層の判定」および「液状化の判定」を行います。また、土質定数の低減係数DE及び流動力の計算を行います。
下部工(H29)Club
杭基礎の保有耐力照査(H29)
¥110,000-/年
「道路橋示方書・同解説(平成29年11月)」に準拠し、レベル2地震動を考慮する設計状況における橋台及び、橋脚の杭基礎の照査を行います。地盤の塑性化を考慮した非線形解析により、杭基礎の安定及び断面の耐力照査を行います。
下部工(H29)Club
フーチングの耐力照査(H29)
¥110,000-/年
「道路橋示方書・同解説(平成29年11月)に準拠し、単柱橋脚及び橋台のレベル2地震動を考慮する設計状況におけるフーチングの曲げとせん断に対する断面照査を行います。基礎形式は直接基礎および杭基礎に対応しています。
下部工(H24)Club
¥165,000-/年
「道路橋示方書・同解説(平成24年3月)に準拠した橋梁下部工の設計計算を行う下記11製品+「S-ViewWordコンバータ」を、セット価格で1年間ご利用頂ける「下部工(H24)Club」をご用意しております。
製品構成:『設計水平震度の算出(H24)』『橋台の設計計算(H24)』『橋脚の設計計算(H24)』『橋脚の補強設計(H24)』 『液状化の判定(H24)』『杭基礎の保有耐力照査(H24)』『フーチングの耐力照査(H24)』『杭基礎の震度法照査(H24)』『杭種・杭径比較検討システム(H24)』『下部工概略数量工費計算(H24)』『設計調書作成(H24)
下部工(H24)Club
下部工統合システム
無償-/年
「SUCCES」シリーズの橋梁下部工関係の各ソフトにおける設計条件データ及び照査結果データの共有化を行い、橋梁全体系による設計照査を行うための支援システムです。また、データを共有することにより、各ソフトウェアで同様の入力を繰り返し行う必要がなくなるため、作業の効率化が図られると同時に、入力ミスの軽減にも役立ちます。
下部工(H24)Club
設計水平震度の算出(H24)
¥110,000-/年
「道路橋示方書・同解説Ⅴ耐震設計編」(平成24年3月)に準拠し、下部構造の設計水平震度を算出します。1基下部構造や複数の下部構造からなる設計振動単位も自動的に判断し、設計振動単位ごとの固有周期、および下部構造の設計水平震度、慣性力を算出します。
下部工(H24)Club
橋台の設計計算(H24)
¥110,000-/年
「道路橋示方書・同解説Ⅳ下部構造編」、「道路橋示方書・同解説Ⅴ耐震設計編」(平成24年3月)に準拠し、特に利用頻度の高い逆T式、重力式および半重力式橋台の設計計算を行います。安定計算(直接基礎、杭基礎)からパラペットの断面計算、橋座の耐力照査、竪壁の断面計算、フーチングの断面計算、杭本体の断面計算、杭の断面変化、杭とフーチング結合部の計算、ウイングの断面計算まで、一貫した設計が可能です。
下部工(H24)Club
橋脚の設計計算(H24)
¥110,000-/年
「道路橋示方書・同解説 Ⅳ下部構造編・Ⅴ 耐震設計編」(平成24年3月)に準拠し、RC張り出し式・壁式橋脚の常時、暴風時及びレベル1地震時、レベル2地震時の設計計算を行います。
下部工(H24)Club
橋脚の補強設計(H24)
¥110,000-/年
平成9年に発刊された「既設道路橋の耐震補強に関する参考資料」および、平成17年に発刊された「既設橋梁の耐震補強工法事例集」を参考に、既設鉄筋コンクリート橋脚の耐震補強設計を行います。『橋脚の設計計算(H24)』で作成したデータが取り込めるため、入力作業の効率化が図れます。
下部工(H24)Club
液状化の判定(H24)
¥110,000-/年
「道路橋示方書・同解説」(平成24年3月)に準拠し、「地震時に不安定となる地盤の影響」における、「耐震設計上ごく軟弱な土層の判定」および「液状化の判定」を行います。また、土質定数の低減係数DE及び流動力の計算を行います。
下部工(H24)Club
フーチングの耐力照査(H24)
¥110,000-/年
「道路橋示方書・同解説」(平成24年3月)に準拠し、単柱橋脚や橋台のレベル2地震時に対するフーチングの曲げ耐力照査、せん断耐力照査を行います。基礎形式は直接基礎および杭基礎に対応しています。
下部工(H24)Club
杭基礎の保有耐力照査(H24)
¥110,000-/年
「道路橋示方書・同解説Ⅳ下部構造編」、「道路橋示方書・同解説Ⅴ耐震設計編」(平成24年3月)に準拠し、地震時保有水平耐力法による橋台、橋脚の杭基礎照査に対応しています。荷重増分法により、杭体および地盤抵抗の塑性化を考慮した非線形解析で安定性、断面耐力照査を行います。
下部工(H24)Club
杭基礎の震度法照査(H24)
¥110,000-/年
「道路橋示方書・同解説Ⅳ下部構造編」(平成24年3月)および「杭基礎設計便覧」(平成19年1月)に準拠し、常時、暴風時およびレベル1地震時に対する杭基礎の照査(杭頭変位、杭頭反力の計算、杭体の設計、杭とフーチングの結合部の設計)を行います。
下部工(H24)Club
設計調書作成(H24)
¥110,000-/年
建設省大臣官房技術調査室「詳細設計照査要領」(平成11年3月)に対応した設計調書(橋梁設計調書・下部工設計調書・基礎工設計調書)を作成する。「下部工統合システム」に対応した各アプリケーションのデータを利用するため、作成作業量を大幅に省力化することができます。また、設計調書の『Excel』への出力が可能です。
下部工(H24)Club
下部工概略数量工費計算(H24)
¥110,000-/年
「道路橋示方書・同解説」(平成24年3月)「土木工事数量算出要領(案)」(平成24年度)に準拠し、概略の数量及び工費を算出します。下部工統合システムを使用して「SUCCES」シリーズの橋梁下部工関係の各アプリケーションのデータを読み込むことにより、省力化が計れると同時に入力ミスを防ぐことができます。
下部工(H24)Club
杭種・杭径比較検討システム(H24)
¥110,000-/年
橋梁比較設計業務における杭種・杭径・杭配置の検討を、工費を比較しながら行う経済設計システムです。下部工形式は、逆T式・重力式橋台、T形橋脚に対応しています。杭配置図から概略工費まで含めた比較一覧表も作成可能です。
土構造Club
¥220,000-/年
下記7製品+「S-ViewWordコンバータ」を、セット価格で1年間ご利用頂ける「土構造Club」をご用意しております。
製品構成:『土留弾塑性解析(土木)』『土留弾塑性解析(偏土圧)』『土留慣用計算』『仮設土留め工の設計(JR)』『グラウンドアンカー』『擁壁の設計計算』『混合擁壁の設計計算
土構造Club
混合擁壁の設計計算
¥110,000-/年
「土地改良事業標準設計図集「擁壁工」利用の手引き」、「土地改良事業計画設計基準・設計「農道」基準書・技術書」に準拠し、混合擁壁・ブロック積擁壁の設計計算を行います。
土構造Club
擁壁の設計計算
¥110,000-/年
「道路橋示方書」および「道路土工」に準拠して、逆T式・L型・重力式・半重力式・もたれ式擁壁の安定照査(直接基礎・杭基礎)および断面照査を行います。エクセル形式で設計調書の作成を行います。
コンクリートClub
¥165,000-/年
下記2製品+「S-ViewWordコンバータ」を、セット価格で1年間ご利用頂ける「コンクリートClub」をご用意しております。
製品構成:『長方形板の応力計算』『RC単純床版橋(オルゼン解析)
コンクリートClub
長方形板の応力計算
¥110,000-/年
長方形薄板の断面力算出、応力度・せん断応力度・抵抗モーメントの照査を一連で行います。土木学会の「平板のたわみ及びモーメントの数値表」および日本建築学会の「長方形スラブの応力とたわみ図」に対応しています。
コンクリートClub
RC単純床版橋(オルゼン解析)
¥110,000-/年
RC単純充実床版橋を対象とし、オルゼンにより解析し主版の設計を行います。支間中央の曲げモーメントに対する影響線を立体描画・印刷します。また、桁高比較表を3種類まで入出力可能です。シフトした曲げモーメントも自動出力します。片輪のみ載荷にも対応しています。

建設系CAD「V-nas」シリーズ

年間レンタル価格 概 要
STR_Kit
詳細価格はこちら
V-nasClairのアドオン製品「STR_Kit」で作成したモデルは、CAD画面で任意の位置に配置することが可能なほか、LINER_Kit等で作成した道路中心線上に設置することで、路面の幅員や角度、高さを考慮した自動配置が可能ですので、斜角を持った橋台や橋脚の配置検討シミュレーションに威力を発揮します。その他、LAND_Kit等で作成した3D地形モデルを利用することにより、構造物の根入れを考慮した、壁高、柱高の自動調整が可能です。
V-FRC
詳細価格はこちら
任意形RC構造物の作図に便利なRC構造専用作図コマンドを装備しています。配筋図・加工図・鉄筋表・鉄筋記号の連動により、大幅に省力化を実現します。図面内鉄筋情報の整合性チェック機能もついています。「土木構造物設計マニュアル」に対応し、「土木製図基準(平成15年小改訂版)」に対応した加工図の作図もできます。
V-LINER
詳細価格はこちら
各種土木設計における平面図作成のための専用CADです。『V-nas』の強力なインターフェース作図機能に平面図を作成するための専用コマンドや「各種線形計算書、延長調書」出力機能を搭載し、強力かつ柔軟にお客様の業務をサポートいたします。道路設計や各種土木設計での平面図作成における利用以外にも、橋梁上部工における線形計算(格点座標計算・標高計算・構造高計算)や下部工平面図作成などでの利用も可能です。
V-BRIDGE
詳細価格はこちら
V-nas」・「V-LINER」をプラットフォームに、以下の各種モジュールから構成された橋梁全体一般図を作成するための専用CADです。
【構成作成モジュール】道路幅員断面図作成モジュール、計画河川断面図作成モジュール、柱状図作成モジュール、設計条件表作成モジュール、上部工断面作成モジュール、下部工3面図作成モジュール、縦断図作成モジュール、平面図作成モジュール

五大開発(株)

製品名 概 要
最適擁壁
製品詳細[外部サイト]
経済性を踏まえた明確な説明資料を作る。『最適擁壁』は、そんなコンセプトで創りました。単に擁壁の安定のみを検討する従来のソフトとは一線を画します。 背後に切土のり面を伴うような擁壁の最適な施工位置や擁壁高さの比較検討、さらには擁壁安定計算、ポケット量計算、外的安定照査など、すべてこれ1本で検討できます。土砂新法に対応し、崩壊土砂による衝撃力、崩壊土砂が堆積した時の堆積土圧の検討も可能です。

富士通Japan(株)

製品名 概 要
EARMEST
製品詳細[外部サイト]
道路橋示方書(平成24年3月)に対応した静的照査から動的照査まで解析可能な2次元/3次元の骨組モデルによる道路橋の耐震設計支援システムです。 静的解析から動的解析まで一貫して解析を行えるフル機能版と、節点数を制限したLite版、地震時保有水平耐力法が行える保耐版を用意しています。 平成14年3月改正の道路橋示方書に対応。 ビジュアルなモデル化、エラージャンプ機能等により、静的照査と同程度に動的照査も簡単にモデリング。 充実した解析機能(高速な解析ソルバ、豊富な非線形曲線タイプ等)と出力機能(報告書、解析結果図、リスト、CSV)。 動的照査結果を簡単に評価可能なVisualツール(動的照査図、アニメーション機能)。 鋼製橋脚(特性値自動計算&照査)、免震橋機能(特性値自動計算&照査)、動的照査機能強化(報告書&CSV)。
EMRGING
製品詳細[外部サイト]
限界状態設計法および許容応力度法によりRC断面照査を行うWindows版設計システムです。7種類の断面形状の照査が可能であり、多段鉄筋、側方鉄筋、交互配筋を考慮した計算を行うことができます。また、わかりやすい操作性及び報告書形式の出力機能の強化により高品質で効率的な設計が可能です。 インターネット対応。 直感的でわかりやすいインターフェース。 報告書として使用できる出力フォーマット。 地中構造物の耐震設計『GALKINS』、基礎設計計算『BASEPLAN』などとのデータ連携が可能。

お問合せ

資料請求・購入前のお問合せ

お気軽にお近くの営業所までご連絡ください。

製品購入後のお問合せ(サポート)

製品サポートに関しての詳細はこちらの表からご確認ください。
  • 必要メモリ等はシステム環境によって異なる場合がありますのでご注意ください。
  • 表示している料金は、消費税を含めた総額表記です。
  • 本ページに記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
  • 本ページに記載の仕様は、改良のため予告なく変更することがあります。