管網計算

エネルギー位法によって、配水管網の各場所における動水位や流量、流速、動水勾配などを計算します。多点注入、ポンプによる増圧、減圧が可能です。平均流速公式はヘーゼン・ウィリアムスとウエストン公式に対応しています。各種損失の考慮方法として、管路ごとに損失係数を入力する方法と、全管路に摩擦損失の10%を考慮する方法が選択可能です。

主なバージョンアップ項目

Ver.2

  • 各種損失水頭の考慮に対応しました。
    考慮方法として、管路ごとに損失係数を入力する方法と、全管路に摩擦損失の10%を考慮する方法が選択できるようになりました。
  • 上水道の給水管で使用するウエストン(Weston)公式に対応しました。
  • 節点番号の欠番に対応し、任意名称を入力できるようになりました。
  • 管路データにおいて「備考」を指定できるようになりました。
  • 流量の単位が選択可能になりました(L/s、m3/s)。

製品特長

プログラムの詳細

多点注入が可能

  • 二つ以上の注入点をもつ配水管網の解析が可能です。さらに、動水位の複数設置や流入水量の複数指定も行えます。

ポンプ(増圧、減圧)が可能

  • 管路内にポンプを設置できます。減圧も可能で、増減圧水頭データを複数設置することが可能です。

簡単なデータで済む

  • エネルギー位法を採用しているため、節点データ、管路データ等を指定するだけで自動計算されます。仮定流量や閉回路等のデータは全く不要です。

容易なデータ操作

  • 表形式デー入力の操作では、コピーや貼り付け等の操作が可能で、表計算ソフトのような操作性を実現しています

豊富なデータチェック機能

  • データ入力の途中でプログラムを終了しても、そこまでのデータは自動的に保存されます。また、制限事項を超えたデータや水質障害が発生する行き止まり管は、計算前にプログラムが自動的にチェックします。
画面例

基礎データ

画面例

節点データ

画面例

管路データ

システムの適応範囲

  • 節点数≦30,000
  • 管路数≦60,000
  • 指定動水位の個数≦500
  • 指定流入水量の個数≦500
  • 増減圧水頭の個数≦500
  • 平均流速公式:「ヘーゼン・ウィリアムス」もしくは「ウエストン」

     

価 格(税込)

  • ●「管網計算¥165,000/年

動作環境

ハードディスク
OSのシステム要件を満たし、問題なく動作する環境
ディスプレイ
1280×1024以上が表示可能なもの
メモリ
OSのシステム要件を満たし、問題なく動作する環境
OS
Microsoft Windows 10
※Windows動作保証の最新情報はこちら

カタログ・デモ版/お問合せ

資料ダウンロード

管網計算出力例[PDF:78KB]

製品に関するお問合せ(サポート)

導入前のお問合せはお近くの営業所までご連絡ください。
操作方法のお問合せはメールにて受け付けております。詳しくはこちらからご確認ください。
  • 必要メモリ等はシステム環境によって異なる場合がありますのでご注意ください。
  • 表示している料金は、消費税を含めた総額表記です。
  • 本ページに記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
  • 本ページに記載の仕様は、改良のため予告なく変更することがあります。