下水道耐震2014指針(液状化)

液状化における沈下量の算定も可能/2015計算例対応
公益社団法人 日本下水道協会「下水道施設の耐震対策指針と解説 2014年版」に準拠し、地盤の液状化判定、土層の土質定数の低減、沈下量の計算を行います。さらに耐震設計上の地盤種別の判定が可能です。また、日本下水道協会の『道路橋示方書の改定に伴う「下水道施設の耐震対策指針と解説」の取扱いについて(2019年3月27日)』に対応。

主なバージョンアップ情報

Ver.11

  • 公益社団法人 日本下水道協会の『道路橋示方書の改定に伴う「下水道施設の耐震対策指針と解説」の取扱いについて(2019年3月27日)』に対応して、「繰り返し三軸強度比」を「道路橋示方書 平成29年11月」に従い算出可能としました。

製品特長

プログラムの詳細

  • 結果一覧の出力が可能です。
  • 「結果一覧表」を出力します。入力データから計算結果(レベル1・レベル2)まで、すべてが1枚で確認できます。

    画面例
  • 耐震設計上の地盤種別の判定が可能です。
  • 土層毎の平均N値より、せん断弾性波速度、地盤の特性値を算出し、地盤種別を設定します。

    画面例
  • 土層毎の平均N値を算出することが可能です。
  • 【平均N値の算出方法】

    • 加重平均
    • 単純平均
    • 最大・最小を除いて単純平均
    • 任意入力
    画面例
  • N値の入力画面において、深度を自動的に発生させることが可能です。
  • 画面例
  • 「飽和砂質地盤の液状化判定」および、「ごく軟弱な粘性土層の土質定数の低減」を行うことが可能です。
  • 液状化に対する抵抗率FLの値に応じた低減係数DEを算出します。
  • 入力された土層が現地盤面から10m/20mの深度をまたぐ場合や、現地盤面から3mの深度を「ごく軟弱な粘性土層」がまたぐ場合、土層を自動分割して計算を行います。
  • 埋設管路の位置を考慮した沈下量の計算を行うことが可能です。
  • 液状化結果の液状化層厚により、沈下量の計算を行います。
  • 他アプリケーション(表計算プログラム等)からのコピー、貼り付けに対応します。

システムの適応範囲

液状化判定

(公社)日本下水道協会 レベル1地震動およびレベル2地震動

最大地層数

30層

最大N値個数

200深度分


参考文献

  • 公益社団法人日本下水道協会 「下水道施設の耐震対策指針と解説2014年版」
  • 公益社団法人日本道路協会 「道路橋示方書・同解説 V耐震設計編(平成24年3月)」
  • 公益社団法人日本下水道協会 「道路橋示方書の改定に伴う「下水道施設の耐震対策指針と解説」の取扱いについて(2019年3月27日)」

価 格(税込)

  • 「下水道耐震2014指針(液状化)」¥110,000/年

動作環境

ハードディスク
OSのシステム要件を満たし、問題なく動作する環境
ディスプレイ
1280×1024以上が表示可能なもの
メモリ
OSのシステム要件を満たし、問題なく動作する環境
OS
Microsoft Windows 10
※Windows動作保証の最新情報はこちら

お問合せ

製品に関するお問合せ(サポート)

導入前のお問合せはお近くの営業所までご連絡ください。
操作方法のお問合せはメールにて受け付けております。詳しくはこちらからご確認ください。
  • 必要メモリ等はシステム環境によって異なる場合がありますのでご注意ください。
  • 表示している料金は、消費税を含めた総額表記です。
  • 本ページに記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
  • 本ページに記載の仕様は、改良のため予告なく変更することがあります。