システムインテグレーション お問い合わせ 製品とサービス 橋梁設計 お知らせ 企業情報 導入事例 川田テクノシステム
ホーム > 製品情報 > V-FRC
ラインナップ
シリーズで探す
業務分野で探す
製品カテゴリで探す
受託業務で探す
建設系CAD「V-nas」シリーズ
配筋から加工図・質量表の作成までの一連の作業を、強力な専用コマンドでサポート

「V-nas」シリーズVer.20
RC構造物専用CAD

V-FRC

価格(1ライセンス): \500,000-
サポート(V-サポート): \30,000-/年
『ねっとさーば』に対応しています 『S-View』に対応しています

任意形RC構造物の作図に便利なRC構造専用作図コマンドを装備しています。配筋図・加工図・鉄筋表・鉄筋記号の連動により、大幅に省力化を実現します。図面内鉄筋情報の整合性チェック機能もついています。「土木構造物設計マニュアル」に対応し、「土木製図基準(平成15年小改訂版)」に対応した加工図の作図もできます。

購入後のお問い合わせ先(サポート)
電話によるサポートは「V-サポート」にご加入いただいている方を対象に提供しています。
FAX:03-5961-7718
「V-nas」シリーズ全般FAQ(よくあるご質問)
『V-FRC』FAQ(よくあるご質問)
アップデートファイルのダウンロード
バージョンアップ価格
「V-nas」シリーズバージョンアップ価格一覧表をご参照ください。
バージョンアップについてのお問い合わせ先
川田テクノシステムの各営業所までお問い合わせください。
川田テクノシステム営業所一覧 メール(webmaster@kts.co.jp) 購入依頼フォーム

製品特徴

★印のついた画面例をクリックすると、別ウィンドウで拡大表示します。

プログラムの詳細

多彩な条件設定
国土交通省と日本道路公団の作図条件・鉄筋情報を設定し、作図することができます。また、任意の作図条件を設定、登録することが可能です。登録した作図条件を他の物件で利用できます。
鉄筋設定画面
★【鉄筋設定画面】
自動ピッチ割り配筋
作画範囲・ピッチ・本数等の情報を与えることにより、簡単に配筋することが可能です。また、任意の鉄筋間隔を指定することもできます。
ピッチ入力画面
★【ピッチ入力画面】
画面情報の取得
加工図や配筋の作図の作業時に、図面上から長さや角度の情報を取得することができます。変化鉄筋の加工図も、正確な長さで作成できます。また、引出線と加工図の作成時に、それぞれの属性情報を相互利用することができます。
形状入力画面
★【形状入力画面】
鉄筋表の自動作図
複数ページにわたって作画されている加工図の情報をすべて集計し、鉄筋表を自動作図します。あらかじめ作図条件の中で記号の昇順・降順等を設定しておけば、情報を並べ替えて作成します。また、鉄筋表のデータを編集すると、加工図と引出線の情報も連動して修正されます。
鉄筋質量表
★【鉄筋質量表】
充実した作図機能
変化鉄筋表、鉄筋加工表をはじめとして矢視、杭形状、フック表示、開口部など数多くのきめ細かな作図機能を装備しています。
変化鉄筋表
★【変化鉄筋表】
整合性のチェック機能
加工図をチェックし、定尺長を超えているものや記号・長さの不一致を確認できます。また、加工図・引出線・鉄筋表の整合性をチェックする機能を使って、図面の照査が簡単に行えます。
加工図と鉄筋重量表との整合性チェック画面
★【加工図と鉄筋重量表との整合性チェック画面】
加工図・引出線の自動認識機能
他のCADで描かれた加工図や引出線について、数量や鉄筋記号・番号の連動が可能な形式に変換します。過去の資産や協力会社のデータを最大限に活用できます。
「土木製図基準(平成15年小改訂版)」による加工図作図方法
「土木製図基準(平成15年小改訂版)」では、鉄筋加工図を以下のように作図します。
鉄筋の折り曲げが直角の場合
鉄筋の折り曲げが直角の場合
鉄筋の折り曲げが鈍角の場合
鉄筋の折り曲げが鈍角の場合
鉄筋の折り曲げが鋭角の場合
鉄筋の折り曲げが鋭角の場合
鉄筋の折り曲げが半円の場合
鉄筋の折り曲げが半円の場合
「土木製図基準(平成15年小改訂版)」の加工図・鉄筋加工表がカンタンに!
上記のような作図が手間なく行えます。
加工図の一括変換
画面例
中心寸法で作図されている加工図を外形寸法に一括変換できるので、加工図作図の手間が省力化できます。外形寸法を中心寸法に変換することも可能です。
加工表の形状図作図
鉄筋の折り曲げが鋭角の場合
外形寸法で作図された加工図は、鉄筋加工表作図時に形状を自動集計します。
 
『CADチェッカー』との連携による図面の自動修正
『CADチェッカー』と連携することによって、図面の自動修正が可能になります。
『CADチェッカー』との連携機能について
OCF検定合格
OCF検定合格『V-FRC』は、CADデータ交換標準フォーマットSXF仕様(p21、sfc)に対応しています。
さらに、「V-nas」シリーズVer.20として、OCFが実施するSXF対応ソフトウェア検定(SXF総合)に制限事項なしで合格しています。一般社団法人オープンCADフォーマット評議会により、「V-nas」シリーズは、SXFフォーマット入出力が適正なCADだと認定されています。

動作環境

CPU IntelCore相当以上
ハードディスク 10GB以上の空き容量
ディスプレイ 1280×1024以上が表示可能なもの
メモリ 4GB以上
OS Microsoft Windows Vista、7、8.1、10
※Windows動作保証の最新情報はこちら

カタログ・資料請求など

資料請求 出力例
PDF、217KB
  • PDFファイルをご覧になるには、Adobe社の『Adobe Reader』が必要です。
購入前のお問い合わせ先(営業)
お近くの営業所またはメール(webmaster@kts.co.jp)購入依頼フォームまでご連絡下さい。
お問い合わせの際には必ず、お名前・ご住所・ご連絡先をご明記ください。

関連製品・サービス

KTSサイト内検索

※この全文検索システムはNamazuによって構築されています。