システムインテグレーション お問い合わせ 製品とサービス 橋梁設計 お知らせ 企業情報 導入事例 川田テクノシステム
ホーム > 製品情報 > 土質・地質/造成
ラインナップ
シリーズで探す
業務分野で探す
製品カテゴリで探す
受託業務で探す

土質・地質/造成

製品名 概要
価格
3次元斜面安定計算システム
COSTANA-3D ※5
入力した縦断面および横断面データより3次元地形データを生成し、DEMデータ作成機能により等間隔に分割した土柱モデルを作成し、極限平衡法による3次元斜面安定計算を行うシステムです。谷埋め盛土や複雑な地すべり形状の検討、3次元形状を考慮した対策工のコストダウンの検討等に有効です。
  • 充実した計算機能。
  • 豊富な計算結果出力。
※『COSTANA』ユーザー価格の設定があります。
COSTANA-3D \200,000-
GISオプション \400,000-
[サポート料金別途]
3次元斜面安定計算システム
SSA_3D ※8
  • 修正ホフランド法による3次元の安定計算です。
  • トンネル施工後の安定計算が簡単にできます。
  • 切土後の安定計算が簡単にできます。
  • 盛土後の安定計算が簡単にできます。
  • 地下水低下後の安定計算が簡単にできます。
  • 断面データ、すべり範囲から3次元メッシュデータを自動生成します。
  • 簡単な入力で、きれいな3Dを出力できます。
\290,000-
SSA_3Dオプション
湛水地すべり計算オプション ※8
  • ダム等の湛水斜面で貯水位変化によって生じる、地盤内の残留間隙水圧を考慮した安定計算を行えます。
  • 上昇時、下降時の水位と、残留率を設定するだけの簡単操作で計算できます
  • 特定の地層より下を、残留率無しとして計算することもできます。
\70,000-
SSA_3Dオプション
道路盛土・切土オプション ※8
  • 現況の斜面に道路を施工した場合の地形モデルを、非常に簡単な設定で作成することができます。
  • 道路中心線の線形をXYZ座標で指定、道路幅員、横断勾配、左右の盛土・切土勾配を入力して、ボタンをクリックすれば、道路形状とのり面が自動生成され、即安定計算が可能なDEMモデルができあがります。
\70,000-
SSA_3Dオプション
平面図変換オプション ※8
紙ベースまたはCADベースの平面図から等高線の情報を利用し、3次元の地形モデルを作成することのできるツールです。
  • jpg・tif・gif・bmpファイルの読み込みが可能です。
  • 画像データ(ラスタ)から連続線の集合(ベクター)に変換し、画像データと重ね合わせて表示します。
  • 線の追加・接続/線を個別に削除/範囲を指定して線を削除/線の構成点を削除/線の分割といった編集ができます。
  • マウスで串刺しした等高線に対して、一気に標高を付与します。高い→低い、または、低い→高いの指定方向を切り替えできます。
  • 等高線の標高データを用いて、DEMを生成します。
  • 平面上で地すべり領域、側線の始終点を入力して、『SSA_3D』本体へ受け渡すことができます。
\70,000-
SSA_3Dオプション
アンカー工計算オプション ※8
地すべり斜面にグラウンドアンカーを敷設した場合の安全率の照査、必要アンカー力の照査を行うことができます。アンカーを3次元で表示でき、実際の施工イメージを把握するのに役立ちます。
  • 断面上の位置と施工段数、平面上の基準線を入力することによりアンカーを配置できます。複数の領域に配置が可能です。
  • アンカーを配置したときの安全率が、計画安全率を満足するか照査できます。安全率が不足する場合アンカーを追加したり、テンドンを変更して再計算するなどの検討が簡単にできます。
  • 計画したアンカー材料や配置が、必要アンカー力、必要アンカー体長を満足するものであるか照査できます。
  • アンカー本数、アンカー体長の合計数量が一目でわかります。不要なアンカーを3D上のマウスクリックで消去したり、アンカーの傾き補正などが簡単にできます。
  • ANCHOR』(Ver.6以上)と連動することにより、概算工事費が算出できます。アンカー長や土質ごと削孔長などは3次元的な数量として算出されます。
  • ANCHOR』(Ver.6以上)に登録されているテンドンを参照することにより大きな手間が省けます。
\210,000-
斜面安定検討システム2
for Windows ※2
港湾用に開発された斜面のすべり崩壊に対する安定検討を行うシステムです。すべり方向は左右どちらからでも計算可能です。最小安全率の円中心を探す機能が付いています。複数の外力や上載荷重を考慮した常時・地震時両方の検討ができます。修正フェレニウス法、チェボタリオフ法、簡易ビショップ法、簡易ビショップ法―修正式、直線すべり法に対応しています。計算書を印刷するだけでなく、計算対照図を作図することも出来ます。
\240,000-
斜面安定計算システム
COSTANA ※5
盛土および切土斜面の安定性を円弧または複合すべり面で計算します。
監督官庁・公団が制定する24種類の設計基準に対応し、サンドコンパク ションパイル、グランドアンカー、ジオテキスタイル、切土補強土工法などの対策工の検討に対応した「フル機能版」。また、道路、ダム、宅地造成、港湾・鉄道等の作成時における計算に必要な設計基準を限定した「基準限定版」を用意しています。
  • 豊富な設計基準。
  • 直感的でわかりやすいインターフェース。
  • 計算結果を自由に編集(ReportBuilder)。
  • 施工過程を考慮した検討を支援(ステージ解析)。
  • 圧密沈下計算システム(『DECALTO』)、2次元FEM次元解析システム(『AFIMEX』)との連携。
フル機能版 \600,000-
フル機能英語版 \600,000-
基準限定版 \200,000-
日英統合版 \800,000- 
[サポート料金別途]
斜面安定計算システム
Power SSA ※8
  • 簡単操作で複雑な計算が行えます。
  • 安全率等値線図、抑止力等値線図により、不安定なすべり面が一目で判別できます。
  • 豊富な解析式(地震時対応)を内蔵し、スライス分割図などの豊富な出力機能を備えています。
  • 地形断面図をDXFファイル、『ANCHOR』に出力可能です。
  • 拡張機能版(『Power SSA Pro』)にはさらに、対策工のトライアル計算機能や杭範囲特定機能があります。
Power SSA Pro (拡張機能版)
\600,000-
Power SSA (基本機能版)
\300,000-
圧密沈下計算システム
for Windows ※2
Δe法/Cc法/Mv法/B.K.Houghの図表より任意地盤の沈下量を計算しTerzaghiの理論に基づいて時間―沈下曲線を作成するシステムです。実測沈下量を基に双曲線法によって最終沈下量予測を行うことも可能です。また、バーチカルドレーン工法に対応しドレーンの透水性が及ぼすウェルレジスタンスの影響を考慮できます。切土ブロックによる土被り圧を先行圧密荷重として計算します。先行圧密荷重を無視する事も可能です。荷重は5段階の段階施工に対応しそれぞれ瞬間載荷/漸増載荷として設定できます。
\250,000-
圧密沈下計算システム
DECALTO ※5
粘性層・砂質層・泥炭層の圧密沈下計算をサポートするWindows版設計システムです。Δe法・Mv法・Cc法の多種の計算機能を網羅するとともに、わかりやすい操作性と自由度の高い出力機能により、高品質で効率的な設計が可能です。
  • インターネット対応。
  • 直感的でわかりやすいインターフェース。
  • 計算結果を自由に編集(ReportBuilder)。
  • 検討時間を短縮する新機能。
  • 施工に則した沈下計算。
日本語版 \300,000-
英語版 \300,000-
日英統合版 \400,000-
[サポート料金別途]
地中構造物の耐震設計支援システム
GALKINS ※5
地中線状構造物(横断方向)を対象にレベル1はもちろんレベル2地震動による構造物のねばり(材料非線形)を考慮 した耐震設計が可能となります。
Ver.3.1からは上下線分離構造物等のどのような矩形構造物にも対応でき、地盤バネ、荷重、非線形特性に任意な値を設定することができます。
  • モデル化から解析処理まで完全自動処理。
  • 簡易な入力により地盤〜構造物モデルを生成。
  • 非線形特性、地盤バネ、荷重を自動生成することにより入力から結果表示までの時間を大幅に短縮。
\1,200,000-
[サポート料金別途]
2次元/3次元FEM地盤解析支援システム
AFIMEX-GT ※5
トンネル、埋立、斜面安定、耐震といった、わが国特有の地盤工学上の問題を解決するために開発され、長年の実務を通じて培われてきた2次元・3次元の地盤解析の統合システムです。
  • 3次元プレポストは地中構造物や土構造物を対象とした地盤専用のモデリング機能を備えています。
  • 解析は線形解析と非線形解析が可能で、ジョイント要素を用いてすべりを考慮することができます。
  • 実物を精緻にモデル化し、あるがままの姿で高精度な解析を実現。
AFIMEX-GT 2次元/3次元
\600,000-
2次元/3次元地盤変形解析 \700,000-
2次元/3次元圧密解析
\600,000-
2次元/3次元浸透流解析 \600,000-
2次元動的解析 \700,000-
2次元液状化解析 \700,000-
[サポート料金別途]
切土補強土工法計算システム
補強土 ※8
  • 日本道路公団「切土補強土工法設計・施工指針」(平成14年7月)に準拠した、切土補強土工法計算システムです。
  • 繰り返し円弧計算、補強鉄筋鋼の自動配置計算、補強後の斜面の安定計算、仮設各段階の安全率の一括計算ができます。検討のフローチャートや参考値を内蔵しています。
  • 報告書形式の出力、Wordファイル出力が可能です。また、印刷したい項目を選んで出力することもできます。
\590,000-
FEM地盤解析システム
土留丸 ※8
  • 止水矢板の連壁・切梁による仮設土留工、素掘り掘削の変形解析です。
  • 地盤改良、切土、盛土、アンカーの施工解析が可能です。
  • 施工順や時間の概念を組み入れた解析が可能です。
  • 陰解法リターンマップを使用した土/水連成弾塑性FEMの世界初の実用ソフトです。
  • ポイントモニタを搭載し、任意の場所の計算結果を確認できます。
  • 計算結果を動画ファイルに出力でき、プレゼンテーション効果も抜群。
  • プリプロセッサ/ソルバ/ポストプロセッサ全てを含んで低価格を実現しました。
\450,000-
FEM地盤解析システム
土留丸
パラメータ最適化オプション ※8
ロバスト性に優れたレーベンバーグ・マルカート法による最適化法を用いて、弾塑性法(もしくは計測)による変位と整合するような地盤定数を求め、その値をフィードバックしてFEM順解析を行い、妥当な周辺地盤の沈下量を求めます。
事前予測であれば、設計で用いられる弾塑性法による土留め壁変位解析結果を用いて、妥当性のある周辺地盤の沈下量を推定できます。施工中であれば、土留め壁変位の計測値を順次取り入れ、より精確な周辺地盤沈下量を推定できます。
※動作には『土留丸』が必要です。
\450,000-
造成計画計算システムIV  ※2
for Windows
建設コンサルタント、ゼネコン、農地業務等あらゆる用途に対応した土地造成土量/運土計算システムです。土量計算式は1点法・4点柱状法・4点平均標高法・4点平均法に対応しています。最大16土層に対応など最高レベルの機能・性能を誇ります。運土も線形計画法を使用した最適化計算の他、手動による指定も可能です。フル機能版では平均断面法(横断法)による土量計算も可能です。この場合、平均断面土量をメッシュ土量に変換して運土計算することができます。
標準セット \500,000-
拡張セット1 \300,000-
拡張セット2 \400,000-
拡張セット3 \300,000-
住宅基礎設計システム
SBF-i.Solution ※15
住宅用の基礎設計から地盤補強まで、日本建築学会小規模建築物基礎設計指針に対応した一貫設計ソフトです。SWS試験結果から直接基礎の支持力計算、沈下計算、地盤補強(柱状改良、小口径鋼管、表層改良、RES-P工法)の設計、基礎スラブの断面設計を行います。
柱状改良、小口径鋼管については水平力に対する検討も行います。計算結果は報告書の体裁で出力します 。
年間使用料金(1ライセンス)\150,000-

※2のソフトは、(株)アライズソリューションが開発したソフトウェアです。
※5のソフトは、富士通エフ・アイ・ピー(株)が開発したソフトウェアです。
※8のソフトは、五大開発(株)が開発したソフトウェアです。
※15のソフトは、(株)設計室ソイルが開発したソフトウェアです。

KTSサイト内検索

※この全文検索システムはNamazuによって構築されています。