システムインテグレーション お問い合わせ 製品とサービス 橋梁設計 お知らせ 企業情報 導入事例 川田テクノシステム
ホーム > 製品情報 > CADチェッカー
ラインナップ
シリーズで探す
業務分野で探す
製品カテゴリで探す
受託業務で探す
建設系CAD「V-nas」シリーズ

基準適合チェックツール『CADチェッカー』Ver.9

価格(1ライセンス): \60,000-

各種図面ファイル(P21、SFC、BFO、DXF、DWG、JWC、JWW)が、CAD製図基準(案)(平成20年5月版に対応)をはじめとする各種基準に適合しているかをチェックするツールです。複数の図面に対して適合チェックを行ったり、朱書きによる修正指示が行えます。V-nasシリーズにアドインすることにより、不適合箇所の自動修正まで可能となります。また、レイヤ自動振り分け機能図面比較ツールを搭載しています。

バージョンアップ価格
  • Ver.8.x→Ver.9 :\45,000-
  • Ver.6、7→Ver.9 :\55,000-
購入前のお問い合わせ先(営業)
お近くの営業所またはメール(webmaster@kts.co.jp)購入依頼フォームまでご連絡下さい。
お問い合わせの際には必ず、お名前・ご住所・ご連絡先をご明記ください。
購入後のお問い合わせ先(サポート)
CALS-Q&Aサポート対象商品 電話によるサポートは有償で承っております。(CALS-Q&Aサポート対象商品です)
FAX:03-5961-7718 メール:ktsinfo@kts.co.jp
※本製品は「V-サポート」にご加入のお客様は電話サポートが無償となります。
CADチェッカーVer.7〜をお使いのお客様へ
V-nasシリーズからCADチェッカーVer.7、Ver.8の連携機能をご利用される場合のレイヤテンプレート指定方法について、注意点を補足資料にまとめましたのでご確認ください。
  • 補足資料はこちら(PDFファイル 61KB)
  • CADチェッカーVer.7、Ver.8専用レイヤテンプレートはこちら

製品特徴

プログラムの詳細

サムネール画面でのプレビュー
チェックしたい図面の選択や一括チェックを行います。
サムネイル画面
★画面例
選択したファイルを一括処理
従来の一括図面チェック機能に加え、CADチェッカー上で選択したファイルを一括印刷したり、P21やSFC等のCALS仕様ファイルに一括変換(CADチェッカーをV-nasシリーズにアドインして利用した場合)したり、電子納品媒体作成ツール(電納ヘルパー)に連携することができます。
   
SXF確認機能検定に合格
OCF検定合格『CADチェッカー』Ver.9は、OCF(一般社団法人オープンCADフォーマット評議会)が実施している、「SXF確認機能検定」に合格しています。
※「SXF確認機能検定」は、国土技術政策総合研究所「SXF表示機能及び確認機能要件書(案)」に準拠したソフトウェアであるかどうかを確認する検定です。
V-nas3DViewerを搭載 新機能
赤黄チェックの支援機能を装備し、赤や黄色など色指定ができるペンマーカ機能を追加しました。作図結果は朱書きファイル(BFO、SXF)として保存することが可能です。
   

朱書き付きViewerによる単独チェック

チェック結果の一覧表示
すべてのチェック結果を一覧で表示します。
チェック画面
★画面例
朱書きによる修正指示
チェック結果や朱書きの内容をメールで送信することもできます。
朱書き指示
★画面例
不適合箇所のハイライト表示や番号表記
どこが不適合になったか一目瞭然です。
ハイライト表示
★画面例
チェック結果のHTML出力
チェック結果は図中に朱書きとして表示したり、HTMLに出力できます。
チェック結果出力
★画面例

建設系CAD V-nasシリーズにアドインすれば、図面の自動修正が可能に

V-nasとの連携
V-nasシリーズにアドインすることによって、編集中の図面の基準適合チェックのみならず、不適合箇所の自動修正が可能となります。
CADチェッカーとV-nasシリーズの連携対応バージョンについて

レイヤの自動振り分けも可能(V-nasシリーズにアドインした場合)新機能 (Ver.8〜)

レイヤ自動振り分け
あらかじめ設定されたフィルター条件(ふるい)により図面のレイヤを自動的に振り分けます。
ふるいのカスタマイズ

このふるいは、任意の条件設定にカスタマイズできます。

画面例
★画面例
学習機能
クイック選択で修正した方法は自動的に学習され、新たなふるいとして利用が可能です。
画面例
★画面例
直感的な操作性
画面例
★画面例

レイヤの振り分けはこの他にも、指定した要素と同じ属性の要素を一括で行う方法(クイック選択)や手動で行う方法があり、いずれの場合も直感的な方法でレイヤ振り分けを行うことができます。
また、要素の指定等の操作は、使い慣れたV-nasシリーズと同じツールパネルやフィルターパネルを利用して行うことができますので、新たに操作を覚える煩わしさがありません。

図面比較ツールを搭載!新機能 (Ver.9〜)

検図の効率化、確認漏れの防止に
以下の方法で図面を比較します。
  • 2つのファイルを比較
  • フォルダを指定して複数の図面をまとめて比較
  • 図面の一部分だけを比較 (部分比較)
  • レイヤや線種などの属性を比較
画面例
★フォルダごと比較の例。差異がある場合は印がつきます。
図面の差異を色分け表示
作図結果は朱書きファイル(SXF)として保存できます。
画面例
★画面例

電納ヘルパーとの連携が可能に!

電納ヘルパー上で図面チェック
電納ヘルパー」でデータチェックする際に、図面のCAD製図基準(案)チェックが行えます。
平面図
★画面例
合わせ技で効率アップ
指定した「対象工種・数値」「図面種類」から適切なレイヤテンプレートを判別してチェックしますので、スピーディに行えます。
側面図
★画面例

対応基準

発行元 基準名称
国土交通省 CAD製図基準(案)
CAD製図基準(案)電気通信設備編
CAD製図基準(案)機械工事設備編
地質・土質調査成果電子納品要領(案)
NEXCO各社 調査業務等の電子納品要領(案) 図面作成編
調査業務等の電子納品要領(案) 土質地質調査編
農林水産省 農村振興局 電子化図面データの作成要領(案)
電子化図面データの作成要領(案) 電気通信設備編
電子化図面データの作成要領(案) 機械設備工事編
地質・土質調査成果電子納品要領(案)
日本下水道事業団 下水道施設CAD製図基準(案)

レイヤテンプレートをダウンロードすることによって対応基準を追加できます

動作環境

CPU PentiumⅢ以上(Pentium4以上を推奨)
ハードディスク 100MB以上の空き容量(200MB以上を推奨)
ディスプレイ 1024×768以上が表示可能なもの
メモリ 512MB以上(1GB以上を推奨)
OS Microsoft Windows Vista、7、8、8.1
※Windows動作保証の最新情報はこちら
ソフトウェア
  • 「V-nas シリーズ」との連携については、こちらをご参照下さい。
  • 連携する「電納ヘルパー」は、国交省設計版Ver.5以降、国交省工事版Ver.6以降となります。

カタログ・デモ版・購入など

KTSWebsiteから購入する
体験版
資料請求
購入前のお問い合わせ先(営業)
お近くの営業所またはメール(webmaster@kts.co.jp)購入依頼フォームまでご連絡下さい。
お問い合わせの際には必ず、お名前・ご住所・ご連絡先をご明記ください。

関連製品・サービス

KTSサイト内検索

※この全文検索システムはNamazuによって構築されています。