SOGOと土木設計分野で業務提携

2019.11.25 公開|プレスリリース

土木構造物設計分野におけるBIM/CIMを推進
株式会社綜合システムと業務提携

建設系n次元CAD(製品名:V-nasClair)を展開する川田テクノシステム株式会社(本社:東京都北区、代表取締役 山野長弘、以下KTS)と株式会社綜合システム(本社:大阪市西区、代表取締役 原田敬司、以下 SOGO)は、土木構造物設計の3次元シミュレーション分野において業務提携した。

最新のICTの活用により建設生産システムを変革し、生産性向上の実現を期待されているBIM/CIMを推進するためには、設計データの3次元化が必須であるが、現状は2次元設計図をもとに3次元データを作成している状況である。建設系n次元CAD「V-nasClair」を展開するKTSと土木設計計算分野で高い実績を持つSOGOとが双方のコア技術を融合し3次元土木設計システムを共創、設計段階で3次元データが自動生成されることでBIM/CIMが目指すフロントローディングによる建設生産プロセス全体の省力化を図ることができる。また設計データを3次元モデルとして利用することで、建設生産プロセス全体を通しての属性情報の基盤モデルとして活用も可能である。

業務提携の第1弾として、SOGOは「BOXカルバートの設計for V-nasClair」を開発する。同システムはKTSの「3次元土木構造モデリングシステムSTR Kit」上で動作し、データ連携のみでは得られない操作性、合理性、効率性、機能性を実現する。両社は土木設計分野におけるBIM/CIM推進のため、今後も包括的に事業協力することで合意している。

両社提携イメージ

このリリースに関するお問合せ先