FAQ

2017.12.05 更新|FAQ

突然、当社製品のライセンスが認証できなくなる現象が解決しました

マカフィー社製のセキュリティ対策ソフトウェアの誤検知により、当社製品(主にV-nasシリーズ)のライセンス認証が突然できなくなる現象が発生しておりましたが、マカフィー社より、同社製品の修正により解決されたとの報告がありました。修正バージョンは「20.5.179」となります。

製品の自動更新機能により、パソコン起動後に自動的に更新が行われるかと存じますが、以下の方法でバージョンが確認できますのでご確認ください。



マカフィー製品のバージョンの確認方法

  1. パソコン画面の右下にあるタスクバー上のマカフィーアイコン(最小化されている場合は△アイコンをクリック)を右クリックします。
  2. 表示されたメニューより[マカフィーリブセーフを開く]をクリックします。(契約されている製品により名称は異なります)
  3. マカフィーのホーム画面の上部にある[アカウント]タブをクリックします。

    ※ISPより契約されている製品をご利用の場合はホーム画面の右下にある[バージョン情報]をクリックします。

  4. [バージョン情報]をクリックします。
  5. "マカフィーウイルススキャン"のビルド番号が「20.5.179」以降であれば修正が適用されています。
  • 手動でバージョン更新する場合は、「2」の段階で[更新の確認]をクリックしてください。
  • 上記手順についてのお問合せは、マカフィー社のサポートセンターへお願いいたします。
  • マカフィー社の関連ページはこちら

2017.11.06 公開|FAQ

突然、当社製品のライセンスが認証できなくなる現象について

最近、当社製品(主にV-nasシリーズ)のライセンス認証が突然できなくなるといった現象のお問い合わせが多くなっております。お使いのウィルス対策ソフトウェアとWindows OSとの組み合わせによる影響が考えられますので、以下の通りお知らせ申し上げます。

発生している現象

○V-nasClair・V-nas Ver.2017以上

ライセンス認証エラー画面(Error Class:65、Error Code:3)が表示され、[OK]で閉じると 「プロテクトの認証に失敗しました(code:A3)」 と表示されます。

○専用CAD系及びV-nasClair・V-nas Ver.2016以下

ライセンス認証エラーの画面は表示されず、「プロテクトの認証に失敗しました(code:A3)」が表示されます。


ライセンス認証エラー

プロテクト認証エラー

発生する条件

Windows10とウィルス対策ソフトウェア「マカフィー」の組み合わせで使用している場合

  • 現時点で、お問い合わせをいただいているお客様の傾向であり、絶対条件ではございません。

発生原因

当社製品のプロテクト認証に関わるファイルの一部がセキュリティソフトによって誤検知され、突如書き換えられてしまうことが原因です。 発生タイミングは一定ではなく、ソフトウェア起動中に突然ライセンス認証ができなくなるケースも発生しています。

当面の対処方法

上記の誤検知を修正するための「プロテクトドライバー更新ツール」をご用意いたしました。

  • プロテクトドライバー更新ツールのダウンロードはこちらからお願いいたします。
  • インストール手順はこちら(PDFファイル)をご確認ください。

現状のセキュリティソフトを継続利用される場合、更新ツールで修復されたファイルが再度誤検知され、本現象が再発する可能性がございます。本件の根本的な解決はマカフィー株式会社の改修予定に依存することとなり、当社としての対策が取れない状況にありますが、問題解決に向け、当社からマカフィー株式会社への情報提供や調査協力を実施しているところでございます。
原因が特定されるまでの間、恐れ入りますが、他のウィルス対策製品をお試しいただく等の対応もご検討ください。なお、本現象が再発した場合は、再度更新ツールを実行してください。その場合、当社製品は起動した状態で実行可能ですので、実行後にデータ保存も可能となります。

お問合せ

KTSサポートセンター  v-sup@kts.co.jp