分身ロボット“OriHime” Sales Agents

分身ロボット「OriHime」の販売代理店契約をしています。

「OriHime(オリヒメ)」は、生活や仕事の環境、入院や身体障害などによる「移動の制約」を克服し 、「その場にいる」ような コミュニケーションを実現する「分身」です。人工知能ロボットではありません。離れた場所にいる人が、まるでここにいるかのような「存在感」を伝える新感覚のロボット、それが「OriHime」です。

We have sales representative agreement for “OriHime”.

“OriHime” is an “Avatar” that overcomes the restrictions of transportation due to hospitalization and physical disabilities, as well as living and working environments, and realizes communication as if it was there. It’s not AI robot. “OriHime” is a new type of robot that conveys a “presence” as if someone who is in the remote place were there.

OriHime Biz

ビジネスシーンで/In the business scene

OriHime Biz(オリヒメビズ)は、リモートワーク、テレワークに最適化されたコミュニケーションロボットです。リモートワークにおいて存在感を伝達し、負担のないコミュニケーションを実現するために設計されています。常に繋ぎ続けていても、プライバシーが守られて利用者の負担になりません。離れたオフィス間であっても距離を感じさせません。

OriHime Biz is a communication robot optimized for remote work and telework. It is designed to convey presence and communication without burden in remote work. Even if you keep connecting at all times, your privacy will be protected and it won’t be a burden on users. It doesn’t make you feel the distance between the offices even if they are far apart.

OriHime Education

学校などの教育現場で/At schools and other educational sites

OriHime 教育(オリヒメきょういく)とは、「移動の制約」を克服し、「教室にいる」ようなコミュニケーションを実現します。入院や不登校、肢体不自由などにより、教育を受ける機会を失わずに誰もがひとしく教育を受ける権利を守るために開発されました。

OriHime Education overcomes the restrictions of transportation and realizes communication as if it was there. It was developed to protect everyone’s right to education equally without losing the opportunity to receive education because of hospitalization or physical disability.

OriHime eye+Switch

重度の障害を抱えていても/Even with severe disability

OriHime eye(オリヒメアイ)とOriHime switch(オリヒメスイッチ)は、眼や指先しか動かせない重度肢体不自由患者のための意思伝達装置です。もし声を発する事ができなくなっても、日常の会話を行えるように透明文字盤をデジタル化しました。シンプルな操作方法で、PC操作をスムーズに行えます。

OriHime eye and OriHime switch are communication devices for severely disabled patients who can only move their eyes and fingertips. We digitized the transparent dial so that you can have daily conservations even if you can’t speak. You can operate your PC smoothly with simple operation.

簡単で自然なコミュニケーション/Simple and natural communication

  • スマホやタブレットで簡単操作電源に繋げるだけで操作が可能。難しい設定はありません。
  • 登録されたモーションと自由に動かせる腕が感情表現を豊かにします。
  • 喜怒哀楽様々に見えてくる能面を参考にデザインされていますので、利用者の表情を想像でき徐々にOriHimeが本人に見えてきます。
  • It’s easy to use with smartphones and tablets. You can operate it just by connecting it to the power source.
  • Registered motion and freely movable arms enrich emotional expression.
  • Since it is designed based on “The Noh masks” show emotions, you can imagine the expression of the user and OriHime gradually appears to the person.

開発元/Developing agency

株式会社オリィ研究所/Ory Lab Inc. (代表取締役 CEO 吉藤 健太朗/Kentaro Yoshifuji)

株式会社オリィ研究所 Ory Lab Inc.≫
OriHimeプロダクト OriHime Product≫

カタログ・資料/Catalog

OriHime教育/OriHime Education Brochure

Japanese(日本語版) ≫
English(英語版) ≫

関連プロジェクト/Related Projects

分身ロボットカフェ「DAWN」プロジェクト【2019年10月のイベントは終了致しました】

川田テクノシステムは、「OriHime」が接客する「分身ロボットカフェ DAWN ver.β2.0」に協賛しています。
協賛についてのお知らせ(当社プレスリリースのページへ) ≫
DAWNオフィシャルサイトはこちら ≫

Avatar robot café “DAWN” Project

Kawada Technosystem Co., Ltd. supports “Avatar robot café DAWN ver.β2.0” where “OriHime” serves customers.
Notice of Sponsorship(Visit the our company Press Release) ≫
DAWN Official Site ≫

お問い合わせ/Contact us

川田テクノシステム株式会社 ビジネスマネジメントセンター
〒105-0011 東京都港区芝公園1-2-4 TEL:03-6367-5641 FAX:03-6367-5643 bp_sale@kts.co.jp

Kawada Technosystem Co., Ltd. Business Management Center
Adress:ST Bldg. 7F, 1-2-4 Shibakouen, Minato-ku, Tokyo, Japan 105-0011 bp_sale@kts.co.jp