システムインテグレーション お問い合わせ 製品とサービス 橋梁設計 お知らせ 企業情報 導入事例 川田テクノシステム
ホーム > 製品情報 > 河川・砂防
ラインナップ
シリーズで探す
業務分野で探す
製品カテゴリで探す
受託業務で探す

河川・砂防

製品名 概要
価格
3D河川堤防設計システム
RIVER_Kit
RIVER_Kitは、大規模河川から中小河川まで幅広く利用できる「3D堤防/河道計画・設計システム」で、V-nasClair(ヴィーナスクレア)のアドオン製品です。既設堤防あるいは河道の3次元地形モデル上で「距離標」ごとに設定された計画堤防高、計画高水位、計画高水敷高、計画河床高等を利用して、新たな3D堤防・河道の計画・設計を行うことができます。
年間利用製品
3D砂防堰堤モデリング
SABO_Kit
SABO_Kitは、「V-SABO/Draw」(別売)で作成したデータから砂防堰堤3Dモデルを自動生成する、 V-nasClair(ヴィーナスクレア)のアドオン製品です。シンプルな操作で、手間なく、スピーディーに3Dモデルを作成します。
年間利用製品
砂防堰堤計画CAD
V-SABO/Plan
不透過型、透過型、部分透過型に対応し、平面図、縦断図、横断図の他に計画流出量計算書、整備率計算書、計算結果一覧表を作成します。砂防堰堤は複数基を設置可能で、水通し位置の標高一覧に整備率を表示可能です。3次元地形図の準備にあたっては、3次元デジタルデータ読込のほかに、地形図に標高を与えて3 次元化する機能を搭載しています。計画堆積量、計画捕捉量は渓流横断図から算出し図面と計算書を出力します。
\1,000,000-
【SABOシリーズセット価格あり】
V-SABO/Plan工事用道路オプション
V-SABO/Road
砂防堰堤の計画設計において、工事用道路や管理用道路を計画設計する、「V-SABO/Plan」のオプションです。「V-SABO/Plan」で砂防堰堤を配置計画した地形図を活用し、工事用・管理用道路の計画設計ができます。 さらに、本システムの平面計画で用いる地形図は、V-SABO/Planデータの他3次元化された地形図、または測量SIMAデータファイルなどを読み込んで運用することも可能です
\600,000-
【SABOシリーズセット価格あり】
V-SABO/Plan渓流保全工オプション
V-SABO/Stream
砂防堰堤の下流にある渓流保全工の予備設計・計画設計を行う「V-SABO/Plan」のオプションです。 3次元地形図または測量データを背景に、平面線形、現況取得、縦断計画・横断計画・水理計算を行い、出力としては水理計算書、平面図、縦断図、横断図があります
\600,000-
【SABOシリーズセット価格あり】
SUCCES
砂防堰堤設計計算
「砂防基本計画策定指針(土石流・流木対策編)解説」(平成28年4月)、「土石流・流木対策設計技術指針解説」(平成28年4月)に準拠し、不透過型、透過型、部分透過型の防堰堤の設計計算を行います。さらに、土石流・流木対策設計指針の一部変更と留意事項について」(平成25年3月29日)、「道路土工 擁壁工指針」(平成24年7月)等、その他の各種基準に準拠しています。
堰堤高15m未満(ローダム)及び15m以上(ハイダム)の構造に適用し、設計流量、水通しの設計、安定計算、袖部設計、水叩き、側壁、流木捕捉工を計算します。
\200,000-/年
砂防堰堤自動製図
V-SABO/Draw
渓流縦断・横断及び本堰堤、副堰堤、水叩き、側壁の形状寸法を指定することによって、自動製図・数量計算を行います。堰堤タイプは、不透過型、透過型、部分透過型に対応します。図面はCAD製図基準を考慮して作図レイヤ等の設定が可能であり、V-nasシリーズで自由に編集することができます。
\600,000-
【SABOシリーズセット価格あり】
V-nasシリーズオプション
VC_Kit(V-縦横断オプション)
道路設計向け縦横断図をスピーディかつ簡単に作図することができる、V-nasシリーズのオプションソフトです。道路設計以外にも橋梁一般図や河川横断図での利用など、用途は様々。V-nasシリーズの強力な図化ツールとしてお客様の業務をサポートいたします。
\300,000-
Club SUCCES
護岸・河川Club
一式で使いたい、河川・砂防関係のソフトウェアをまとめました。
製品構成:『護岸設計システム(自立式矢板)』『護岸設計システム(タイロッド式矢板)』『等流計算Ⅱ』『不等流計算Ⅱ』『貯留関数』『防災調節池Ⅱ
\250,000-/年
SDD柔構造樋門パック 一式で使いたい、河川・砂防関係のソフトウェアをまとめました。
製品構成:『柔構造樋門の設計計算 』『樋門の翼壁設計計算』『樋門の胸壁設計計算』『樋門の門柱設計計算』『樋門の函体設計計算
要問合せ
SUCCES
護岸設計システム(自立式矢板)
自立した矢板壁により矢板背後の土砂を支える係船岸や護岸の設計を「港研方式」または「Changの式」にて行い、常時・地震時における換算荷重の計算、側圧の計算、仮想地盤面の計算、横方向地盤反力係数の計算および応力・変位・根入れ長の計算内容を設計計算書として出力します。レベル2地震動に対する静的照査において、液状化の影響を考慮する場合は、土水圧の漸増成分・振動成分を矢板壁に作用させて断面力・変形を算出します。
\150,000-/年
SUCCES
護岸設計システム(タイロッド式矢板)
前面側の矢板をタイロッドで背面側に引っ張り、控え工で定着させる形式の河川護岸や港湾・漁港の矢板式係船岸の設計を行い、常時・地震時における前面矢板の根入れ長計算、断面計算、応力度計算、腹起しの計算、タイロッドの計算、控え工の計算および控え工設置位置の計算内容を 設計計算書として出力します。
\150,000-/年
SUCCES
等流計算Ⅱ
平均流速公式を用いて定形断面および自然河川の水深や流量を求めます。建設省「河川砂防技術基準(案)」のほか、公益社団法人農業農村工学会『土地改良事業計画設計基準及び運用・解説 設計「水路工」』(平成26年3月)に対応した余裕高の計算が可能です。計算書には断面図、水理特性曲線を作図可能です。
\100,000-/年
SUCCES
不等流計算Ⅱ
常流と射流の両方の計算が可能で、水位断面図と水面幅図の自動作図が可能です。したがって、水位の変化の検討に役立ちます。また、リアルに横断面を自動作図するので、設計条件の確認に便利です。農林水産省の余裕高、局所損失水頭の計算が可能です。
\250,000-
SUCCES
貯留関数
河川分野の流出解析に用いるもので、建設省「河川砂防技術基準(案)」を参考にしています。流域、河道、ダム、合流点、流量INPUTの5つのユニットとポイントで流域をモデル化できます。降雨は、任意の降雨波形を選択できます。
\250,000-
SUCCES
防災調節池Ⅱ
(公社)日本河川協会「防災調節池等技術基準(案)」ならびに(公社)日本下水道協会「下水道雨水調整池技術基準(案)」を参考に、防災調節池の水文・水理計算を行います。(公社)雨水貯留浸透技術協会「雨水浸透施設技術指針[案]」に対応した、貯留・浸透施設併用の計算を行います。放流施設のサイズ自動決定、ピーク位置前後の出力間隔変更、洪水到達時間の算定、堆積土砂量の算定等の機能もあります。
\100,000-/年
柔構造樋門の設計計算 ※1 「柔構造樋門設計の手引き」に準拠した、沈下量の計算と地盤変位を考慮した弾性床上の梁を計算します。地盤変位量の算出と縦方向の検討について個別に計算できます。基本条件の設定により検討荷重や反力係数等の自動算出が可能です。
要問合せ
樋門の翼壁設計計算 ※1 「柔構造樋門設計の手引き」に準拠して、樋門・樋管に設置される翼壁の設計計算を行います。翼壁形状はL型とU型に対応しており、U型ではフレームにモデル化して検討を行います。
要問合せ
樋門の胸壁設計計算 ※1 「柔構造樋門設計の手引き」に準拠して、樋門・樋管に設置される胸壁の設計計算を行います。胸壁形状は逆T型に対応しており、盛土形状は水平・一定勾配・段付き(3段まで)に対応しています。
要問合せ
樋門の門柱設計計算 ※1 「柔構造樋門設計の手引き」に準拠して、樋門・樋管に設置される門柱の設計計算を行います。構造形式は一連及び二連に対応しております。操作台と柱の接合部はハンチ処理(国土交通省)とテーパー処理(従来タイプ)が可能です。
要問合せ
樋門の函体設計計算 ※1 「柔構造樋門設計の手引き」に準拠して、樋門・樋管の本体部分である函体の横方向断面計算を行います。構造形式は一連及び二連に対応しております。簡単な入力で函体の設計計算を行うことができます。
要問合せ
河川構造物の耐震設計支援システム
RIVERUS ※5
国土交通省制定の「河川構造物の耐震性能照査指針(案)同解説 平成19年3月」に基づき河川堤防、堰、水門、樋門等の耐震性能の照査を行うためのシステムです。堤防である土構造物においては、液状化に伴う残留変形解析 (ALID)手法のソルバーにより変形量を照査し、樋門・水門等のRC構造物においては、各種の地震時保有水平耐力計算〜照査までをトータルにサポートします。
\1,500,000-
地下水垂直検層図化システム
EGLOG ※8
  • データシート形式で、入力訂正が簡単に出来ます。またMicrosoft『Excel』と『EGLOG』の双方向でデータのコピーや貼り付けができます。
  • 地下水検層図でよく使われる真数・対数目盛混在の特殊グラフの作図が可能です。グラフサイズを自由に設定できます。
\150,000-

※1のソフトは、システムデザイン開発(株)が開発したソフトウェアです。
※5のソフトは、富士通エフ・アイ・ピー(株)が開発したソフトウェアです。
※8のソフトは、五大開発(株)が開発したソフトウェアです。

KTSサイト内検索

※この全文検索システムはNamazuによって構築されています。