システムインテグレーション お問い合わせ 製品とサービス 橋梁設計 お知らせ 企業情報 導入事例 川田テクノシステム
ホーム > 製品情報 > 鋼・コンクリート
ラインナップ
シリーズで探す
業務分野で探す
製品カテゴリで探す
受託業務で探す

鋼・コンクリート

製品名 概要
価格
SUCCES
長方形板の応力計算
長方形薄板の断面力算出、応力度・せん断応力度・抵抗モーメントの照査を一連で行います。土木学会の「平板のたわみ及びモーメントの数値表」および日本建築学会の「長方形スラブの応力とたわみ図」に対応しています。
\150,000-
SUCCES
RC単純床版橋(オルゼン解析)
RC単純充実床版橋を対象とし、オルゼンにより解析し主版の設計を行います。支間中央の曲げモーメントに対する影響線を立体描画・印刷します。また、桁高比較表を3種類まで入出力可能です。シフトした曲げモーメントも自動出力します。片輪のみ載荷にも対応しています。
\200,000-
SUCCES
擁壁の設計計算
「道路橋示方書」および「道路土工」に準拠して、逆T式・L型・重力式・半重力式・もたれ式擁壁の安定照査(直接基礎・杭基礎)および断面照査を行います。エクセル形式で設計調書の作成を行います。
\200,000-
SUCCES
混合擁壁の設計計算
「土地改良事業標準設計図集「擁壁工」利用の手引き」、「土地改良事業計画設計基準・設計「農道」基準書・技術書」に準拠し、混合擁壁・ブロック積擁壁の設計計算を行います。
\200,000-
Box123(Ⅱ) ※1 三連までの鉄筋コンクリート式ボックスカルバートの支間方向および縦方向の設計計算を行います。基礎形式は、直接基礎、杭基礎の対応しています。また、隅角部に剛域を考慮することができます。土工指針、標準設計、日本道路公団・設計要領第二集に対応しています。
\250,000-
SUCCES
水理構造物の断面計算
電卓感覚の簡単操作で水理構造物の断面計算を行います。対応する断面形状は「矩形」、「平板」、「矩形中空」、「矩形中空(側方鉄筋有)」、「円環」の5種類が可能です。地震動レベル1(許容応力度法)とレベル2(限界状態設計法<終局限界状態>)に対応しています。レベル1の無筋計算が行えます。
\100,000-
RC構造物専用CAD
V-FRC
任意形RC構造物の作図に便利なRC構造専用作図コマンドを装備しています。配筋図・加工図・鉄筋表・鉄筋記号の連動により、大幅に省力化を実現します。図面内鉄筋情報の整合性チェック機能もついています。「土木構造物設計マニュアル」に対応し、「土木製図基準(平成15年小改訂版)」に対応した加工図の作図もできます。
\500,000-
V-サポート \30,000-/年]
集水桝自動作図
V-集水桝
集水桝の平面図・側面図の自動製図・数量計算を行います。形状寸法と接続する水路の設定だけでCADデータが作成され、プラットフォームとしている『V-nas』で細部の編集も可能です。
\200,000-
V-サポート \20,000-/年]
擁壁展開図自動作図
V-擁壁展開図
ブロック積み・重力式擁壁展開図の自動製図・数量計算を行います。形状寸法と目地や接続する水路を設定すると、展開図および数量計算欄を自動図化します。また『V-ROAD』のデータを利用することもできます。
\250,000-
V-サポート \20,000-/年]
ケーソン細部設計計算システム
for Windows ※2
港湾基準、漁港基準に準拠し、許容応力度法/限界状態設計法(終局時/使用時/疲労時)それぞれにおいて、係船岸/防波堤のケーソンの細部設計計算を行います。システムとして、標準函バージョンと上位バージョンである堤頭函バージョンを用意しております。堤頭函バージョンは標準函バージョンの機能を網羅しています。『重力式防波堤2007』および『重力式係船岸2007』から荷重データをインポートすることができます。自動配筋計算後、配筋を編集することができます。
堤頭函バージョン \900,000-
標準函バージョン \660,000-
擁壁設計計算システム
最適擁壁 ※8
経済性を踏まえた明確な説明資料を作る。『最適擁壁』は、そんなコンセプトで創りました。単に擁壁の安定のみを検討する従来のソフトとは一線を画します。
背後に切土のり面を伴うような擁壁の最適な施工位置や擁壁高さの比較検討、さらには擁壁安定計算、ポケット量計算、外的安定照査など、すべてこれ1本で検討できます。土砂新法に対応し、崩壊土砂による衝撃力、崩壊土砂が堆積した時の堆積土圧の検討も可能です。
\300,000-
RC断面計算システム(限界状態設計法・許容応力度法)
EMRGING ※5
限界状態設計法および許容応力度法によりRC断面照査を行うWindows版設計システムです。7種類の断面形状の照査が可能であり、多段鉄筋、側方鉄筋、交互配筋を考慮した計算を行うことができます。また、わかりやすい操作性及び報告書形式の出力機能の強化により高品質で効率的な設計が可能です。
  • インターネット対応。
  • 直感的でわかりやすいインターフェース。
  • 報告書として使用できる出力フォーマット。
  • 地中構造物の耐震設計『GALKINS』、基礎設計計算『BASEPLAN』などとのデータ連携が可能。
フル機能版 \150,000-
限界状態設計法限定版
\120,000-
許容応力度法限定版 \50,000-

※1のソフトは、システムデザイン開発(株)が開発したソフトウェアです。
※2のソフトは、(株)アライズソリューションが開発したソフトウェアです。
※5のソフトは、富士通エフ・アイ・ピー(株)が開発したソフトウェアです。
※8のソフトは、五大開発(株)が開発したソフトウェアです。

KTSサイト内検索

※この全文検索システムはNamazuによって構築されています。