新製品・近日リリース情報

近日中にリリースするソフトウェア・直近6ヶ月間にリリースしたソフトウェアの情報をお知らせします。
※リリース時期や内容は予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。

SUCCES

道路橋示方書改定に向けての当社製品の対応

NEWリリース
  • 平成29年11月付で、「道路橋示方書・同解説」(公益社団法人 日本道路協会)が発刊されました。これに伴い、当社では以下の6製品を「下部工(H29)Club」としてリリースいたします。ただし、収録製品ごとに順次リリースとなります
  • 「下部工(H29)Club」 利用料金 150,000円(税別)/年

      下部工Club(H29)ラインナップ リリース予定
    1 設計水平震度の算出 2018年5月8日リリース済
    2 橋台の設計計算 2018年5月8日リリース済
    3 液状化の判定 2018年6月12日リリース済
    4 橋脚の設計計算 2018年7月上旬
    5 杭基礎の保有耐力照査 2018年9月頃
    6 フーチングの耐力照査 2018年11月頃
    7 S-View Wordコンバータ 2018年2月(済)

:その他の下部工製品の対応につきましては、決まり次第お知らせ致します

SUCCES

土留慣用計算・土留弾塑性解析(土木)

バージョンアップ概要
  • 単独処理として扱っていた中間杭の計算について、一括処理で一冊の計算書に集約しました。
  • 最小根入れ長の設定を土留め壁の材料や支保工形式に応じて自動化しました(「土留慣用計算」のみ)。
  • モーメントのつり合いと地盤安定の検討から必要根入れ長を決定し、土留め壁・支保工の断面計算までを一括処理可能となりました(「土留弾塑性解析(土木)」のみ)
リリース日 2017年12月5日
バージョンアップ価格 2018年6月末日まで優待価格

V-nasClair

GEO_Kit(柱状モデル作成)

機能概要(NEWリリース)
  • ボーリング交換用データ(XML)から柱状モデルを作成する V-nasClair(ヴィーナスクレア) のアドオン製品です。
  • 電子納品されたボーリング交換用データ(XML)をインポートし、地層の柱状モデルを作成します。
  • 緯度・経度を保持していますので位置合わせは不要です。
  • 「N値グラフ」も作図でき、坑口標高や緯度経度等の旗上げ作図も可能です。
  • 「地質断面図」が作成されていればZ軸に立てて表示することもできます。
リリース日 2017年9月25日
価 格 2017年12月末日まで無償キャンペーン実施中
製品紹介ページ https://www.kts.co.jp/seijyou/v_3dgeo/index.html

K-bit

電納ヘルパーClub

バージョンアップ概要
  • 地質・土質調査成果電子納品要領(H28.10)への対応
  • CAD製図基準(H29.3)への対応
    • 共に<平成29年4月1日以降に契約を締結する工事・業務に適用>
リリース日 2017年7月予定
バージョンアップ価格 年間利用製品のため、契約期間内のバージョンアップは無償です。
製品紹介ページ https://www.kts.co.jp/seijyou/k_helper/index.html

K-bit

CADチェッカーClub

バージョンアップ概要
  • CAD製図基準(H29.3)への対応
    • 平成29年4月1日以降に契約を締結する工事・業務に適用
リリース日 2017年8月下旬
バージョンアップ価格 年間利用製品のため、契約期間内のバージョンアップは無償です。
製品紹介ページ https://www.kts.co.jp/seijyou/k_cadcheck/index.html