BIM/CIMとは?~BIM/CIM・i-Con情報~

BIM/CIMやi-Construction関連のTOPICSをまとめました。

シムとビムシム

CIMとBIM/CIMって何が違うの?

国土交通省では、2018年(平成30年)5月から「CIM-Construction Information Modeling/ Management-)」という名称を「BIM/CIM-Building / Construction Information Modeling , Management-)」に変更しています。これは、海外では「BIM 」は建設分野全体の 3 次元化を意味し、土木分野での利用は「 BIM for infrastructure 」と呼ばれて、BIM の一 部として認知されていることから、建築分野=「BIM」、土木分野=「CIM」といった従来の概念を改め、国際標準化等の動向に呼応し、地形や構造物等の 3 次元化全体を「BIM/CIM」と称することが推奨されるようになりました。

※なお、「CIM導入ガイドライン」は2019~2020年度を目処に大幅な改訂が予定されており、それまでは「CIM」という名称が使われています。

BIM/CIMとは?

CIMの概念

CIMの概念としてよく目にするのがこの図ではないでしょうか?「CIM導入ガイドライン(案) 共通編」の冒頭で、建設サイクルの中で、3Dモデルに属性を付けたものを、回していく・連携させていくことで、一連の建設生産システムを「効率化・高度化」するのがCIMの概念であると、この図を用いて述べられています。

CIMの概念 「CIM導入ガイドライン(案) 共通編」より抜粋

まずはここ見て!

国交省の「BIM/CIMポータルサイト」

2019年8月27日に、国土交通省が「BIM/CIM ポータルサイト【試行版】」を開設しました。 まだ【試行版】となってはおりますが、これまでバラバラに掲載されていたBIM/CIM基準等がまとめられています。

9月に、「初めてのBIM/CIM」というパンフレットが公開されました。ポイントが簡潔に押さえられています。

キーワード1

3D(3次元)モデル

BIM/CIMでキモとなる3Dモデル。形状を立体的に表現する“見た目の3次元”だけでなく、「属性情報」(部材の名称や形状、寸法等、付与可能な情報)を組み合わせてはじめて「BIM/CIMモデル」と言えます。これらを可能にするのが「3次元CAD」です。

3次元CAD「V-nasClair」および各種Kitを使ったBIM/CIMモデル作成フロー

キーワード2

フロントローディング

初期の工程で重点的に検討することで、後工程の仕様変更や手戻りを未然に防ぎ、生産性を上げる手法です。たとえば、概略設計段階から3Dモデルを作成することにより、あたりをつける、不整合に気づく等が簡単に行えるため、品質向上・工期の短縮化につながります。「2D図面を3次元化する」のではなく、スタートから「3次元で設計する」という発想の転換が求められているのです。

フロントローディングを実現する「V-nasClair」 ユーザー事例はこちら

キーワード3

コンカレントエンジニアリング

各部門間での知見や情報を共有しながら、複数の工程を同時並行で進めることで、工期短縮・コスト削減を実現する手法です。ここで必要となるのが「情報共有システム」です。社会インフラの関係者は多岐にわたるため、効率的なデータの共有・迅速な合意形成を得るには相応の機能が求められます。その機能をまとめたものが、国土交通省により公開されている「業務履行中における受発注者間の情報共有システム機能要件(Rev.1.1)」です。
当社では、工事・業務の情報共有システム機能要件に対応した情報共有システム「basepage(ベースページ)」を開発しております。

NEW 2019年10月より、国交省BIM/CIM推進委員会の情報共有システムとして、「basepage」が採用されました。

コンカレントエンジニアリングを実現する「basepage」 ユーザー事例はこちら

キーワード4

リクワイヤメント

将来的に国土交通省が目指している「CIMの活用による事業の効率化」に必要な取り組みや技術開発を促すために必要な要求仕様。

リクワイヤメント対応に関する関連リンク・資料はこちら

BIM/CIMだけじゃない

i-ConstructionでもV-nasClair

i-Constructionでの活用事例をご紹介します。

関連製品・サービス

BIM/CIM対応3次元CAD V-nasClairシリーズ/専用CADシリーズ

情報共有システム「basepage」

基準適合チェックツール『CADチェッカー』

BIM/CIM対応成果品作成のご相談は

「V-nasClair」を使用した、BIM/CIM業務を承っております。お困りの際はぜひ一度ご相談ください。

オペレーションパートナーズ株式会社 (http://www.op-pts.co.jp/)

お問合せ

資料請求・購入前のお問合せ

お気軽に「購入/お問合せフォーム」か、お近くの営業所までご連絡下さい。
  • 必要メモリ・ハードディスク容量はシステム環境によって異なる場合がありますのでご注意下さい。
  • 表示している料金には、消費税が含まれておりません。
  • 本ページに記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
  • 本ページに記載の仕様は、改良のため予告なく変更することがあります。