basepage 災害情報共有

災害発生時に携帯電話やスマートフォンで撮影した被災現場の写真や位置情報を、インターネットを介して電子マップ上で共有するシステムです。収集された情報はデータベース化され、随時更新・追加される情報を一覧形式で時刻歴にて管理できます。

コンテンツ利用例

災害にそなえる

資機材の一元管理に

し災害発生時に必要なのは重機や資材、そしてオペレーター(人材)です。管轄エリア内にある資機材の所在や情報を一元管理することで、災害発生時における復旧作業を迅速かつ適切に対応することができます。災害発生箇所を中心に近隣の建設会社を抽出し、登録された資機材情報をもとに判断できるため、いざというときのすばやい対応を実現します。

スケジュール

官公庁への提出書類も

国や自治体との災害協定を締結した際には、所有する資機材および会社情報(協会の場合は会員企業情報等)を提出する場合があります。これらの企業情報をシステムに登録しておけば、システムから簡単にアウトプットできます。

ファイル管理

CSV出力が可能

万が一のときも安心

写真付きメール送信だけで災害状況を可視化

災害時、スマートフォン等の携帯端末から災害状況の写真をメール送信することにより情報を共有することができます。使い慣れた携帯端末でのシンプル操作により、非常時でも多くの情報を効率的に収集することができます。撮影された写真には「位置情報」が付与されていますので自動的に電子マップ上にプロットされ被災状況の分布も確認できます。マップ上に可視化された被災状況・緊急度などの情報は、迅速さが迫られる有事の際にこそ的確な指示を出すための一翼を担います。

ファイル管理

スマホから現場写真を送信

ファイル管理

送信された写真を電子MAP上にプロット

報告書形式で出力

報告したい情報(写真等)を選択し、必要に応じてコメントを記載するだけで簡易報告書が簡単に作成できます。災害発生時は膨大な情報が集められ錯綜しがちですが、関係者にいち早く報告書を提示することで迅速で的確な判断も可能になります。

ワークフロー

ホームページで住民公開

ホームページ作成コンテンツ(基本機能ページ参照)と組み合わせることにより、収集した災害情報の中から有用な情報を住民公開することが可能です。Web作成の知識は不要ですので、お客様自身により情報の公開を簡単に行う事ができます。災害発生後の近隣住民に対する情報共有もスムーズに実施できます。

掲示板

動作環境

Webブラウザ
Internet Exploler11以上/Microsoft Edge/Firefox/Google Chrome
OS
上記ブラウザが表示可能なもの
ディスプレイ
1366×768以上を推奨
スマート端末
Android 4.1、iOS 8/電子マップ利用時:GPS機能、カメラ機能必須
その他
文書作成ソフト、PDFファイル作成・閲覧ソフト、印刷用プリンタ等、
ご利用頂くコンテンツに応じて必要となる場合がございます。

導入事例

全国で様々な形態で利用されています

『basepge』の各種導入事例はこちら ≫

カタログ・デモ版/お問い合わせ

カタログダウンロード

basepage カタログダウンロード[PDF:6.55MB]

資料請求・購入前のお問い合わせ

お気軽に「購入/お問い合わせフォーム」、Email: bp_sale@kts.co.jp、または お近くの営業所までご連絡下さい。

製品購入後のお問い合わせ(サポート)

電話、E-Mailでのサポートを用意しております。
具体的なサポート連絡先は、「basepage」ログイン後の「よくある質問と回答」ページの「連絡先」をご参照ください。
  • 必要メモリ・ハードディスク容量はシステム環境によって異なる場合がありますのでご注意下さい。
  • 本ページに記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
  • 本ページに記載の仕様は、改良のため予告なく変更することがあります。